10年のブランクを半年で埋め、セブ島のサロンで店長になった元ジュニアスタイリスト

 三上里美
 元ジュニアスタイリスト

美容留学をしたきっかけはなんでしたか?

年前に語学留学で来て、すごい印象が良くて、フィリピン人はみんな笑顔だし暖かいし一瞬で好きになったのがセブでした。

そしてセブで働きたいなと思った時に、自分は何の仕事ができるかなと思って美容師を考えました。
元々免許を持っていて美容師でしたが、ジュニアスタイリストで辞めちゃって10年のブランクがありました。
だけど、アジアビューティカレッジという美容の技術を教えてくれる学校を見つけて、カットモデルを見つけては切って切ってひたすら切ってを半年を続けました。

美容留学後の変化はどうでしたか?

今でもセブはすごく好きで、ここで働き続けたいと思っています。

技術面はやはりカットを沢山したので、現役でジュニアスタイリストをしてたときより格段に色んなスタイルを切れるようになりました。

私の中では、パーマやカラーなどまだまだ勉強はしていかなきゃいけないと思いますが、ブランクは埋められたかなと思います。
カットに関しては大成功です!

日本のサロンや美容学校との違いは?

私はインターン期間があって、セブ島のサロンで働きながら練習をしていました。
日本のサロンでは普通営業後に練習なので大変ですが、アジアビューティカレッジだと営業中に練習ができるので効率的です。
そして何より実践量の違いです。セブ島ではモデルハントが簡単なのでやろうと思えば一日3~4人のカットが出来ます。
ウイッグだと生え方もクセも全て一緒ですが、セブでヘアカットモデルを連れてくるとその人それぞれのクセも生え方もあるので、かなりの経験値が積めます。

最初は基本通り切っていてもおかしくなってしまったことがあり、そんな時に【自分はその人のクセを見ないでただ自分のやり方で切っていたんだ】と気づき勉強になりました。
実践でしか身につかないことだと思います。

今後の目標を教えてください

他の国に行きたいというのがありますが、最終的には日本で美容師をやりたいです!

日本で悩んでいるスタイリストへメッセージをお願いします!

ジュニアスタイリストは基本が出来ているはずので、あとはどんどんカットモデルを切って数をこなせば自信が付きます!あと、2、3年経ったけどスタイリストデビューできない!とくすぶっている人は、こっちにくれば頑張り次第ですぐスタイリストになれる環境があります!